Beyond your wall with Drogger

ドロガーで壁を越えよう

DG-PRO1(RW)をLAP+Cで使う

f:id:bizstation:20190320154105j:plain:w480
 

今回はDG-PRO1またはDG-PRO1RWをdp3さん製LAP+Cで使う方法です。

追記 (2019/08/01)

LAP+Cは直接Bluetooth接続するため、DG-PRO1RWをRTKモードで動作させることはできません。LAP+CにRTKの補正データを送受信するしくみがないためです。

通常のGPSを利用するAndroidアプリはOSからLocation情報を取得して動作します。しかし、LAP+Cは外部レシーバーに直接Bluetooth接続などして位置情報を得るアプリです。外部レシーバーとの通信にはGPSレシーバの標準メッセージ(NMEA)を使用します。

DG-PRO1(RW)はデフォルトではNMEAメッセージは使用しませんが、 Drogger-GPS Version 1.6.30以降を使うことでDG-PRO1(RW)からNMEAメッセージを出力するよう設定することができます。 尚、DG-PRO1(RW)の設定情報は電源を切ると失われますので、LAP+Cで接続する前にDrogger-GPSで設定済にしてから起動するようにします。

Drogger-GPSの設定

以下の設定を行うことでDG-PRO1(RW)のNEMA有効化とアプリの終了、LAP+Cの自動起動がワンタップ行われるようになります。

  1. Drogger-GPSの設定を開きます。
  2. [起動と外部アプリ]-[NMEAと外部アプリ]-[NMEAを有効にして終了]をONにします。

f:id:bizstation:20190522125309p:plain

  1. [起動と外部アプリ]-[Bluetooth接続後に起動するアプリ]で[LAP+C]を選択します。

f:id:bizstation:20190522125341p:plain

使い方

LAP+Cについては新規にインストールした状態から変更するところはありません。デフォルトのままでOKです。

DG-PRO1(RW)をLAP+Cで使う場合は必ず以下の手順で行ってください。

  1. DG-PRO1(RW)に電源を接続し、BlueのLEDが点滅しているのを確認します。
  2. Drogger-GPSを起動して [Start]をタップします。
  3. Bluetoothの接続が完了するとLAP+Cが自動で起動します。 起動後Drogger-GPSはBluetoothを切断して自動で終了します。 ここからはLAP+Cでの操作です。
  4. [SPP(747Pro等)探索開始]をタップします。

f:id:bizstation:20190320171310p:plain:w320

  1. [DROGGER-GPS]をタップします。

f:id:bizstation:20190320171321p:plain:w320

  1. [接続完了]になればOKです。

f:id:bizstation:20190320171333p:plain:w320

これで、LAP+CからDG-PRO1(RW)に接続できました。

Androidの設定で位置情報をOFFにしても構いません。内蔵GPSは使用されないためです。

DG-PRO1(RW)で楽しいレースを!

Enjoy with Drogger

Droggerの詳細・ご購入は https://www.bizstation.jp/ja/drogger/

DG-PRO1RWS | ZED-F9P搭載 | 2周波 RTK-GNSS | Bluetooth5.0
¥59,800 (税別 BizStationサイト)
u-blox ZED-F9P GNSSモジュール搭載 2周波 RTK-GNSSレシーバ 。受信チャンネル数184 GPS みちびき(4機フル対応) GLONASS BeiDou Galileo 同時受 ...
詳細・購入 問い合わせ 会社情報
DG-PRO1RWS | ZED-F9P | 2周波 RTK
¥59,800
(税別 BizStationサイト)
u-blox ZED-F9P GNSSモジュール搭載 2周波 RTK-GNSSレシーバ ...