Beyond your wall with Drogger

ドロガーで壁を越えよう

磁気センサーとGPSを使ったハイブリッドラップ検出

f:id:bizstation:20180601180447p:plain

Droggerのラップ計測はGPSではなく磁気か赤外線を使っています。理由はこれらのほうが高精度に計測できるためです。 しかしながら、課題もあります。磁気の確実な検出は、コースのマグネット管理や環境磁場に依存します。

ツインリンクもてぎの本コースでは、なぜか縁石に乗ると磁気反応することがあるようです。
特に2コーナーアウト側と5コーナー進入、最終コーナーアウト側で、磁気センサーが反応することがあります。コース管理の方にも聞いて見ましたが、そこに特に磁気を帯びた設備はないそうです。

考えられるのは、縁石コンクリートの中の鉄筋の磁気です。鉄筋は無破壊検査のために、着磁することもあるそうで、この可能性は高そうです。

GPSによるマグネット位置判定

Droggerアプリの最新版には、GPSによる検出位置のチェック機能が加わりました。

センサーがラップ検出した際に、事前にわかっているマグネットの位置とコース方向から、距離と進行方向を確認し、そぐわない場合は誤判定として無視します。

これにより最小ラップタイムの設定もより有効に活用できるようになりました。誤検出箇所があると、そこを基準にラップが始まってしまい最小ラップタイムの意味が低下してしまっていました。

ご注意! (2018/06/01現在)
GPSによる位置判定はコースのマグネット情報が必要です。現在のところマグネット情報は限られたコースのみ対応しています。アプリにはツインリンクもてぎ、桶川スポーツランド、堺カートランドの情報が入っています。
その他のコースでの対応を希望される場合は、[お問い合わせ]よりお知らせください。その際、マグネットの位置をお教えいただけると助かります。例:ゴールライン手前3m

使い方

アプリの設定

アプリの[設定]-[ラップタイム]-[GPS検出チェックを使う]をタップしてチェックを付けます。 f:id:bizstation:20180601173949p:plain

また、同時に[ラップタイム]-[最小区間タイム]も一周のタイムより少し速い時間にセットします。

本体ユニットのリビジョン

ツインリンクもてぎで有効に使うには、リビジョン 37以降が必要です。

36までは、本体ユニット内でラップ検出後4秒間は次の検出を無視するようになっていました。しかし、もてぎでは最終コーナー縁石からマグネット位置までがマシンによっては約1秒のため縁石で誤検出があるとマグネットでの検出ができません。

リビジョン 37以降は4秒ではなく0.7秒に変更されました。

現状のところこのリビジョンを必要とするのは、誤検出位置とマグネットが近いツインリンクもてぎのみです。

GPSの精度確認

GPSによるマグネット位置判定は、GPSの精度に依存します。GPSの精度が悪い状況の時は、判定をしないか緩い判定になります。 メーター画面で、現在のGPSの精度を確認できます。スピード表示の左側に以下のように表示されます。この表示はGPS検出チェックの有効/無効に関係なく常に表示されます。

f:id:bizstation:20180601174006p:plain

精度
5m以下
10m以下
20m以下
- 20-80m
不明

また、後で計測のログを見る際にコーストレースする現在の位置を示す点の色も同様に変化します。

走行前にGPSによるマグネット位置判定が有効か確認する

メータ画面の右下にコース名が表示され、色がグリーンで表示されます。マグネット位置情報が無い場合や設定が有効でない場合はオレンジ色です。

走行データを確認する

表示されたラップ一覧で、GPSフィルターが有効な場合、日付コース名の後ろに (GPS Check)と表示されます。

f:id:bizstation:20180601174321p:plain

GPSフィルターが有効が有効かどうかはデータ記録時に決定されません。条件が整っていれば表示時に有効/無効を設定で切り替えることができます。

また、各ラップのコース図中の現在位置を示す点の色がその時のGPSの精度を示します。

f:id:bizstation:20180601175530p:plain

制限事項

  • コースのマグネット情報がない場合は、設定を有効にしても従来通りのフィルターの無い動作になります。
  • 複数マグネットのコースの場合、コース内の1つのマグネット帯のみターゲットにできます。その他のマグネットは無視されます。
  • GPSの精度が悪い状況では、精度状況に応じて判定されないか、緩い判定になります。
  • ツインリンクもてぎは本コース/西コースに対応しています。東コースの場合は、チェックをOFFにしてください。

より高精度に

この機能はまだ始まったばかりです。フィルターの検証データも少ないため今後さらにデータを増やして精度を向上させていきたいと思います。

Droggerの詳細・ご購入は
https://www.bizstation.jp/ja/drogger/