Beyond your wall with Drogger

ドロガーで壁を越えよう

セッティングデータの記録

f:id:bizstation:20180129131254p:plain

Droggerアプリは、ロギングしたデータにセッティングデータを追加できます。追加する情報をタグと呼んでいます。データに付けるラベルのようなものです。

後でデータを見たときに、状況やセットの内容がわかってとても便利です。 アプリガイドには記載がありますが、結構多くの方が知らずにいらっしゃる様ですので改めてご紹介します。 是非使ってみてください。

タグの追加方法

  1. データの一覧画面を表示します。
  2. 追記したいデータを長押しします。 f:id:bizstation:20180129144513p:plain
  3. アクションバーの鉛筆マークをタップします。タグ一覧が表示されます。
  4. 右上の + (プラス)マークをタップします。
  5. 追加する項目リストから追加した項目を繰り返し選択します。 f:id:bizstation:20180129132036p:plain
  6. 入力ダイアログが表示されたら、値を入力して[OK]をタップします。
  7. 入力した値が追加されたタグ一覧が表示されます。 複数の項目を入力したければ手順3以降を繰り返し行ってください。

さらに詳しい内容はアプリガイドタグ機能をご覧ください。

便利なタグのマージ機能

便利なタグのマージ機能は、本日公開のアプリより追加された新機能です。

概要

毎回の走行データにすべてのデータを記録するのは面倒です。そこで、その日の朝一番のデータにのみ詳しい情報を記録し、それ以降のデータには変更した部分のみ記録します。

この状態でタグのマージ(結合)を行うと、変更したタグに加えて前のデータから変更の無いデータを引き継いで表示できます。

トップの画像はマージした状態のものです。以下はマージ前の状態です。 f:id:bizstation:20180129133459p:plain

同じ項目、例えば「メインジェット」を走行ごとに変更した場合は、より新しい情報で上書きしていきます。

マージされるのは、同じ日の同じ場所のデータです。異なる場所や異なる日のデータはマージされません。

マージのやり方

データの一覧画面のアクションバーにある[MARGE TAGS]f:id:bizstation:20180129134040p:plainをタップします。マージしない状態に戻すには[UNMARGE TAGS]をタップします。

マージするも解除するのも、とても簡単です。

Droggerの詳細は https://www.bizstation.jp/ja/drogger/