Beyond your wall with Drogger

ドロガーで壁を越えよう

よくある質問

購入前

LAP計測で赤外線を使う場合はコースに発信機が置いてあれば赤外線LAPセンサーだけあれば計測できるんですか?

はいそうです。(ただし、Drogger、AIM、ez-Lapいずれかの発信器でなければなりません。どの発信器を検出するかをアプリで設定します)

1つの赤外線発信器を複数のマシンで共有できますか?

はい、できます。発信器が1つあれば複数のマシンでLAP検出できます。むしろ、コースに設置される発信器は1つがベストです。複数の発信器の信号が混ざると正しく信号パターンを認識できずLAP検出ができない場合があります。他の発信器から最低でも5m以上できれば10mm以上は離して設置する必要があります。

Proに付属する12Vケーブルは発信器の充電用ですか?

いいえ、発信器は12Vか5Vの電源で駆動します。蓄電池は内蔵していません。本体ユニットも全く同様です。

本体ユニットには5VUSBケーブルが付いていますので、それを使うこともできます。また逆にPROに付属の12Vケーブルを本体ユニットに使うこともできます。

A/Fワイドバンドセンサーはどのような物に対応していますか?

現状アプリで計算可能なワイドバンドセンサーユニットは、HRC・PLX・INNOVATE・aRacer・DynoJet・AutoGauge・AEMです。
ワイドバンドセンサーは通常それ専用の制御ユニットを介してDroggerと接続します。制御ユニットに 0-5Vのアナログ出力の付いているものでしたらどんなものでも接続可能です。ただ、 14.1といった風にA/F値としてDroggerで表示・記録するには、0-5Vの電圧に対するA/F値を計算できなければなりません。計算はアプリ内で行っています。現状非対応の製品であっても0-5Vの電圧に対するA/F値の資料をいただければ、アプリで対応可能です。 (AutoGaugeとAEMはPLXと全く同様の出力電圧ですので、PLXを選択することで正しく表示できます)

お勧めのA/Fワイドバンドセンサーはありますか?

現在当社でテストに使用しているのはPLX製です。また、多くのお客様が使用されているのはINNOVATE・aRacer製といった感じです。どれも性能的には似た印象です。

スピードの表示はGPSですか?

スピードセンサーを接続している場合そのスピードで、無い場合はGPSの値をロギング表示します。Androidの内蔵GPSによるスピードは更新頻度が1秒間隔程度ですので、最高速やコーナーでの速度比較などの用途には向いておりません。ピットロードでの速度制限のための表示などでは問題なく使用できます。

スピードセンサーの場合は、リアルタイムで高精度な値を表示できます。

Android用外部GPSでスピードの精度が向上しますか?

現在のところ、外部GPSも1Hz出力で10Hz(1秒に10回更新)といった製品は見当たりません。10Hz位ないと最高速の計測などには向かないでしょう。精度は上がるかも知れませんが頻度が少ないので期待通りではないかと思います。 スピードセンサーを利用いただいた方が頻度、精度ともに良いものが得られるかと思います。

2018/06/18追記
海外の製品で10HzのAndroid外部GPS(Bluetooth接続)もあるようです。Android外部GPSはMockプロバイダーという方法で使用しますが、Droggerはこの方法で登録した外部GPSを問題なく使用できます。(MockプロバイダーはBluetooth GPSというアプリでテストしています)
外部GPSの性能により、GPSによるラップタイムセンサー・スピード・トレース図などの精度・頻度ともに向上します。
尚、Bluetoothの場合、技術基準適合証明等のマーク(技適マーク )がついていないものを使用すると違法になる恐れがありますのでご注意ください。

センサー

スピードセンサーの値が時々飛びぬけた値になります。

以下の点を確認します。

  1. センサーが外れていたりぐらついていないか確認してください。
  2. マグネットの向きが取付方法で示したように同じ方向か確認してください。
  3. センサーの位置を、ホイール手回しで検出できるぎりぎりまで遠ざけてから数ミリ近づけた辺りにします。このとき、センサーとマグネットとの距離は25mm以下でなくとも構いません。手で勢いよくホイールを回すと概ね10~ 17Km位を示しします。20km以上を示すのは異常です。次項の4を確認してください。
  4. 取り付けステーなどがスチールの場合は樹脂やアルミに取り換えてください。意図せず磁気を帯びてしまうことがあります。

磁気を帯びたステーに取り付けた場合、スムーズな部分がほとんど無かったり、全く検出できなかったりします。

ストロークセンサーの値が時々飛びぬけた値になります

サスペンションの動きでセンサーの光軸が対象物(的)から外れたり、太陽光の反射などで計測できないと大きな値として出力され飛びぬけた値になります。 太陽光の場合は、晴れた日に発生し曇りでは問題ない場合がほとんどです。 対策以下のようにします。

  1. センサーの光軸を的から外れないように調整する。
  2. 対象物やその周りにある太陽光を反射するもの、(フェンダーサイレンサー)など光沢のあるものの場合は、反射しないテープを貼るなどして反射防止をするようにする。

また、雨の場合はレンズ面についた水滴によって乱反射し正しく測定できなくなります。水滴が付かなければ雨天でも正しく計測できます。

赤外線LAPセンサーが検出しません

以下の点を順に確認します。

  1. センサーのレンズが傷ついていたり、汚れていないか?
  2. 発信機をセンサーに向けて近づけて検出するか?
    検出しない場合はアプリのラップセンサーの種類を確認し発信機の種類を正しく選択します。
  3. アプリの[ラップタイム]-[最小ラップタイム]が長い時間になっていないか?
  4. 発信器設置場所の周囲10m以内に他の発信機が設置されていないか?
    10m以内に他の赤外線発信機が無い場所に設置し直します。これは発信機のメーカーを問いません。すべての赤外線発信機が対象です。
  5. 発信器からセンサーまでの距離が15m以内か?
    晴天の場合はもう少し距離が短くなることがあります。(晴天時は太陽からの赤外線の影響を大きく受けるため)
  6. センサーと発信機の発光軸の角度が垂直かどうか?
    15度程度までは問題ありませんが、角度がつく程到達距離が短くなります。ストレートであってもマシンがバンクしていないかどうかも含まれます。
  7. 発信機とセンサーの間にカウルやハンドル、ライダーの腕他車など光を遮る障害物が無いか?
  8. センサーに直射日光が当たっていないか?
    日光は強力な赤外線を含んでいます。そのため、日光がセンサーに直接当たると発信器の信号を正しく判断できないことがあります。センサーの上にフードを付けるなどして直接日光が当たらないようにしてください。

エンジンの回転が上がると磁気LAPセンサーが誤検出をしてしまいます

経験上は、ほとんどの場合がノイズによるものです。以下のブログにてノイズ対策を詳しく説明してます。ノイズ対策はすべての事項でもれなく対処が必要です。

レーサーの電装ノイズ対策 - Beyond your wall with Drogger

あとは、センサーの近くに磁気を帯びた回転するものがないか確認します。通常は磁気は帯びていないはずのものが帯磁している場合がありますのでご注意ください。取り付けステーがスチールの場合は磁気を帯びることがありますので樹脂やアルミなどに取り換えてください。

走行中にBluetooth接続が切れてリセットされてしまいます

経験上は、ほとんどの場合がノイズによるものです。以下のブログにてノイズ対策を詳しく説明してます。ノイズ対策はすべての事項でもれなく対処が必要です。

レーサーの電装ノイズ対策 - Beyond your wall with Drogger

また、電源に接触不良などがないか確認してください。 まれに、Android端末の故障(振動による接触不良等)の場合もあります。可能であれば別の端末でお試しください。

水・油温センサーが、想定される温度とはだいぶ異なった値を示します。

アプリの[設定]-[入力]で接続しているセンサーのタイプを確認してください。「Old Sensor」と付いているものは、量産品では存在しません。上にスクロールして水温または油温を選択してください。(Old Sensorと付いていないもの)

電源

本体ユニットの電源は5VUSBと12Vのどちらが良いですか?

バッテリーが搭載されている車両であれば12Vが便利です。バッテリーがない車両で12Vが取れるものがありますが、エンジンを掛けないとDroggerが動かないため、油温や水温だけ確認したいといった場合不便です。バッテリーがない車両は5VUSBにモバイルバッテリーを使用することをお勧めします。

お勧めのモバイルバッテリーは?

Drogger本体の消費電力は小さいため、モバイルバッテリーによっては無接続と判定して電力供給を停止してしまうものがあります。 消費電力はBluetoothが接続されると少し上がります。また、ストロークセンサーも消費電力を増加させます。
モバイルバッテリーが問題ないかどうかは、使用するすべてのセンサーを接続して、AndroidBluetooth接続しReady状態で10分ほど放置してください。それで電源が供給し続けていれば問題ないかと思います。

当社のテストでは主にダイソーで販売されている300円のモバイルバッテリーかAnker PowerCore+ miniを使用しています。

アプリ

ステータスが「Initialize device」のままで「Ready」になりません

本体ユニットのLEDが点灯状態でReadyにならない場合は、以下のようにします。

  1. 本体ユニットの電源ケーブルを抜いて電源を切る。
  2. AndroidBluetoothをOFFにする。
  3. AndroidBluetoothをONにする。
  4. 本体ユニットの電源を接続する。

ステータスにCan not prepare logfile と表示されます

Android端末にSDカードを装着してください。多くのAndroid端末では必要ありませんが、一部の機種(SHARP 303SH など)でSDカードの装着が必要な場合があります。装着が必要なのは、SDカードの仮想領域が本体メモリ内に無いモデルです。

ログはどのタイミングで記録されますか?

ログはステータスがReadyになったあと、最初のLAP検出から開始されます。LAPが検出されないとログは記録されません。