Beyond your wall with Drogger

ドロガーで壁を越えよう

仲間同士でデータを共有しよう

f:id:bizstation:20171031203220p:plain サーキット走行は仲間でワイワイするときも楽しいですね。「2ヘアがうまく行かないんだけどどうやって走ってる?」とか。「8コーナーでリアが沈まない気がするだけど固いのかなー?」といった感じで。

友達もDroggerを使っているようでしたら、その場でデータを共有してお互いの違いを比べられます。スマホ2台並べて見比べなくて済みます。(テスト中はいつもやってました。( ;∀;))

Drogger用のAndroidはSIMが入っていない場合がほとんどでしょうし、サーキットにはWiFiも無い。でも大丈夫ですDroggerはBluetoothでデータ共有が簡単にできます。Bluetoothを使うのでSDカードやパソコンなんかもいりません。

それから、Droggerのユニットを持っていない方でもアプリは無料でダウンロードできます。チーム監督・彼女・友達・もう一台の自分のスマホなんかに転送するのもいいですね。

ではDrogger同士でのデータ共有手順を説明します。

概要

  • データの共有は必ず一方が受信側で相手が送信側です。
  • データは複数まとめて送れます。
  • 必要なのはBluetoothだけです。アプリもDroggerだけ。
  • 事前にスマホ同士をペアリングしておいても良いし、してなくても実行時にペアリングされます。
  • 高速です。15分のデータで7秒位。
  • 受信したデータは自分のデータと同じようにグラフを見たりタグを付けたりできます。

手順としては受信側の準備ができたら送信を行います。

受信側の操作手順

手順の中でペアリングの許可を求められましたら、許可をタップしてください。

  1. データの一覧画面にします。
  2. メニューからデータ受信をタップします。
    f:id:bizstation:20171031192134p:plain
    データ受信
  3. 「アプリが120秒間他の...」と確認が出ますので許可をタップします。
    f:id:bizstation:20171031192131p:plain
    許可
  4. これから受け取るファイルが、自分のデータと区別できるようにするための入力が求められます。
    通常は友達の名前をアルファベットで入れると良いと思います。例 masuda
    f:id:bizstation:20171031192123p:plain
    友達の名前入力
    あとは、送られてくるのを待つだけです。
    f:id:bizstation:20171031192221p:plain
    受信完了

送信側の手順

手順の中でペアリングの許可を求められましたら、許可をタップしてください。

  1. データの一覧画面にします。
  2. 送りたいデータを長押しします。
    f:id:bizstation:20171031192214p:plain
    データ選択
  3. 複数ある場合は他のデータをタップしてチェックを付けます。
  4. メニューからデータ送信をタップします。
    f:id:bizstation:20171031192210p:plain
    送信メニュー
  5. 送り先デバイスに友達のスマホの機種名が表示されますので、それをタップします。
    f:id:bizstation:20171031192205p:plain
    送信先の選択
    あとは、送信が完了するのを待つだけです。
    f:id:bizstation:20171031192302p:plain
    データ送信

f:id:bizstation:20171031192218p:plain
送信完了
とっても簡単です。是非使ってみてください。

比較の仕方

受け取ったデータは、別のデータ(セッション)ですのでただ開いただけでは自分のデータと比べられません。 データをまたいで比較する方法は、アプリガイドの異なるデータセッションのグラフ比較を参照してください。

Droggerの詳細は https://www.bizstation.jp/ja/drogger/